合成繊維 分子配向度測定装置>△N測定法


 

△N測定法

合繊フィラメント糸の分子配向度を測定する方法は、各種ありますが、実用的で簡易な方法として、△N測定法があります。
フィラメント糸の分子が配向していると、軸方向の屈折率(Nx)と直径方向の屈折率(Ny)が異なり、その差が△Nです。
 [ △N = Nx − Ny ]

例:ポリエステル延伸糸の場合
  Nx = 1.72  Ny = 1.54

  ⇒ △N = 1.72 − 1.54 = 0.18 = 180 × 10−3

前の画面に戻ります